今まで自己啓発や成功のプロセスなどの本を読んできましたが、

この本は「それを活かすための自分作り」の本でした。

 

どれだけ成功者の言葉を聞いても、どれだけ方法論を学んでも、

自分にそれを実行する「セルフラブ」がないと動けない。

 

どういうことかというと……

「お刺身には何を付けて食べますか?」という問いに

私たちは何の疑いもなくすぐに「醤油」と答えるはずです。

でもソースじゃだめなの?

たまに塩を付けて味わう人もいるけど、それは珍しい、変わってるってこと?

 

どこで習ったわけでもないのに固定観念や損得勘定に縛られている私たちの思考。

 

加藤さんは、人間には

1ステージ:アクション

2ステージ:マインド

3ステージ:セルフラブ

があると説いています。

 

マインドにしたがって、アクションがおこる。

でも一番重要なセルフラブがないせいで

ほとんどの人間のアクションはかなり限定されてしまう。

 

セルフラブとは自分を愛することです。

「愛」と聞くと、恋愛や家族愛を思い浮かべがちですが、

「自分への愛」も忘れないでほしいと。

自分を愛することで肯定的になりありのままのものを判断でき、

刷り込まれた常識や世間体を浄化して、アクションを起こせるということです。

 

新しい何かを始めたい、今の仕事を辞めたい、

でも「自分には無理」、「恵まれた人しか成功できない」という刷り込まれた思考が

私たちの成功や未来を邪魔しているのだそうです。

だから、いくら本を読んでもセミナーに通っても、

常識ではなく自分を重要視するセルフラブが出来ていないと

マインドとアクションを有効活用できないということだそうです。

 

「あなたには無理」、「恵まれた人しか成功できない」というのは

自分ではなく他人に刷り込まれた思考のために、

つまり他人のために生きているということで自分のための人生ではないんだそうです。

 

加藤さんは幼いころに施設で育ち、非行を繰り返して裏社会で生活していた方です。

何回目かの逮捕の時に「仲間たちにはもうこんな思いはさせたくない」と会社を設立、

そこから100億円も稼ぐ人材アーティストに転身したようです。

 

ネットでこの本のレビューを見ると、期待外れという文字が並んでいますが

私はこの本を読むまでセルフラブについて知らなかったし、

それがないと自信も何も生まれないよなと思いました。

 

 ただ、セルフラブは、自分の欲ばかりに従って行動するためのものじゃない。

自分に厳しくしなければいけない時もあるし、

自分や誰かに甘えた子どものようなセルフラブではなくて

本当に自分のため、愛する人や愛するもの、他人のために純粋にものを見ることができる

セルフマインド、自分の人生をきずける心を持ちたいです。 (447)

スポンサード リンク

図書館でたまたま見つけた本です。

「くしゃみ」、「天井」、「ちぐはぐ」、「イライラする」など、

言葉の由来や本当の意味、言葉が出来た背景まで、ざっと750語ほど紹介されています。

 

今まで普通に使っていた「かわいい」とか「くつろぐ」とかいう言葉も

「こういう場面で使うのが本当なんだ」とびっくりすることが多かったです。

 

一つご紹介。

「億劫」の由来、ご存知ですか?

生きていれば「億劫」なことってたくさんありますよね。

たとえば、試験が迫ってくると否応なしに勉強しなければならない。

でも、普段遊んでいるだけに、なかなか勉強する気が乗らない。

「あと3日も徹夜かな」と思うと机に向かうのでさえ億劫だけど、「億劫」の本当の意味は…?

 

「億劫」の「劫(ごう)」という字は、仏教の世界では

きわめて長い時間のこと」を指し「億劫」はその一劫の億倍なのです。

気の遠くなるような時間のことを表す「億劫」という言葉ですが、

お坊さんたちは悟りを開くために億劫がらずに修行を続けたのです。

 

それを思えば、3日や1ヶ月頑張るだけのことを億劫だ感じるのは、

よほどのサボり癖がついているということです。

 

時々、眠たくてお風呂に入るのも億劫だと思うことがありますが、

こんなことで億劫だと思っているとお坊さんに笑われてしまいますね。 (200)

先ほど新しく映画のカテゴリーを作ったので、もう一つ続けて投稿します!

 

先日、友人とDVDを見ながらケーキを食べるという

こじんまりではありますが幸せゆったり女子会を開催しました^^

 

友人がディズニー映画で一番好き!ということでラプンツェルを見ましたが

結構人気ですよね、ラプンツェル!!すごくよかった!

あまりこういうロマンチックな映画を見ないのでラプンツェル自体初めてでしたが、

私の中で殿堂入りしていた美女と野獣を抜いてこれが1位になりました☆

 

プリンセス映画にしては馴染みやすいヒロインと、お相手のダーリンも盗賊という設定。

2時間の物語の中で私的に泣くシーンが3つくらいあって・・・・・・^^;

特にランタンを飛ばすシーンがとても綺麗でうっとりしました。

 

がっつり恋愛というよりワンダーランド的な要素があるのもよかったです。

 

  (155)

昨日、昼間に数時間だけ空き時間があったので、初☆一人映画をしてきました^^

 

いつも友人たちと映画を見るときは大きな映画館に行くのですが、

昨日は車を走らせて昔住んでいた町にある小さな映画館へ。

家族で経営していて昨日もお客さんは7人しかいませんでしたが、

昔ながらの変わらない懐かしい匂いがして、雰囲気がよかったです。

小さいときに毎年父親とクレヨンしんちゃんをここに見に来たことを思い出しました。

 

私がチョイスしたのは「100歳の華麗なる冒険」という北欧映画。

おじいさんが100歳の誕生日に老人ホームを抜け出して冒険する話です。

これだけ聞くと単純なストーリーだなと思いますが、

おじいさんの生きた100年の歴史も振り返りながらになるので

結構複雑で(12歳以下は保護者同伴です)、見ごたえのある映画でした!

 

カワイイおじいさんフェチの私にとってたまらない話でしたが

北欧映画の何気ないシュールな雰囲気もよかったです。

どうでもいいようなところですごく力を入れているような(笑)

近くに座っていた若い女性のお客さんも何度もクスッと笑っていました^^

 

その映画館は、私が小学生のころに通っていたときとは違い、

今は街の映画館ではやらないようなB級映画を放映しています。

映画が終わったあとは家族の方々が映画館の玄関で

「ありがとうございました」と言って全員をお見送りしてくれます。

町の映画館だからできるあったかいサービスですよね。

また時間があれば何度でも足を運びたいお気に入りの場所になりました。 (184)

あけましておめでとうございます。 年末年始は無理を言ってお休みをいただきました。 スキルアップのための時間を過ごすことが出来ました。 みんなに感謝!いい年明け!

 

さて、8月に24歳の目標をたてましたが、 2015年の目標立案と重ねて見直したいと思います。

 

以下、24歳(2015年8月まで)の目標として昨年かかげたもの!

 

寝る前に一日を振り返って自分のよかったところを褒める

⇒最初の数ヶ月は出来ていたけど最近忘れてた…今日からまたちゃんと見直そう! この目標の真の目的、「自分を褒められるような行動」を心掛けます。

 

年間50冊本を読む ⇒24歳はあと半年以上残っていますが、今のペースでは50冊は無理! 諦めたわけではないけど、見直す必要あり。

 

毎日英語を勉強する ⇒生活リズムが不規則な時期以外は、朝1時間は毎日やりました。 購入したテキストを終わらせたり、音読が明らかにスピードアップしたり、 外国の方と直接会話して通じ合った時は達成感や自信を持てた。 結果的にはよかったけど、まだまだ!この目標は絶対継続!!

 

姿勢を正しく、足は組まない(立ち振る舞いを美しく) ⇒姿勢を意識することが出来たので◎。 でもなぜか伸ばしていた身長は縮んでしまいました…

 

笑顔で大きな声で気持ちのいい挨拶をする ⇒まだまだ出来た!気持ちがどんよりする日も、輝くような笑顔で 気持ちのいい挨拶ができる人になりたいです。

 

韓国語の単語のボキャブラリーを増やす ⇒あまり勉強できなかったです。むしろ抜けてる(^_^;)?

 

他人のため、自分のための出費は惜しまない ⇒これは出来ました。逆にオーバーしたかなと思う時もあったくらい。 本当にそのお金は「ため」になったのか、見直しが必要。

 

気になる場所やお店には積極的に突入する ⇒本で読んだ「出会い力」を身に付けるために立てた目標です。 これも、まだまだ出来た。 お気に入りの場所や何でも話せる人に偏ってしまっている自分がいる。 そういう場所や人も大切にしつつ、行動範囲を広げたい。

 

貯金100万円 ⇒毎月積み立てして、余裕があるときはまとまったお金を貯金しました。 でも車を購入してしまい、出て行った額も大きかった…

貴重も最近していなくていくらたまっているのかも不明…これではダメだ

 

ピアスを開ける ⇒開けてません。この年になって、開けだす人が周りに多くなってきたし 学生の時から言っているので今年こそ…と思って立てた目標ですが、 開けたいと思わないようになってきたので、これはやめ!断念!

 

何事にも感謝 ⇒これは本で読んで学んで立てた目標ですね。 何気ないこと、そして嫌なことにも感謝する癖がつきました。 嫌なことを言われても、ピンチの中から抜け出せなくても、 「強くなるきっかけだ、ありがとうございます」と一呼吸。

 

・バンジージャンプをする ⇒これは出来ていないです!したくて仕方ないのに(笑) まずバンジージャンプできるような場所にいかなかったですね。 この目標が出来たきっかけは、マカオに行ったときにお金がなくで出来なかった、 出来るくらいのお金の余裕を持とう、ということだったので、 その面ではお金に対しても気持ちの余裕が出てきたかも。

 

以上を踏まえて、以下2015年の私の目標!!! ・英語、北京語、韓国語の勉強を毎日する! ⇒英語、韓国語に加えて今年は北京語にもチャレンジです! 実は、先月から少しはじめています。 広く浅く状態から、コミュニケーションできる状態まで… 語学は一番の目標にするくらいしっかりやっていきます。

 

本を月3冊読む ⇒年50冊からだいぶ下げてしまいましたが、月3冊は必達です。

だから、年間36冊以上は読む。目指すは50冊。 目標を下げた分、ほかの目標にもちゃんと力を入れていく。

 

旅行にたくさん行く

⇒2連休をとるのも難しいのですが、

休みをいただけたら自己研鑽プラス自分の好きなことをします。

今のパスポートがあと7か月で切れてしまうのでそれまでに3回は海外に行きたい…

もちろん日本国内にもたくさん出かけるぞ!

 

他は、24歳の目標と重なってます。

 

今年も、価値のある日々を送って輝けるように頑張っていきます! (288)

今日は私が一番好きな絵本の紹介です。 大人になってから絵本なんて全く読まない人が多いと思いますが 私は本屋さんにいくと時々絵本コーナーを覗いて この「どんなにきみがすきだかあててごらん」を探します。

はじめてこの本を読んだのは、20歳の誕生日に 中学からの友人にプレゼントでもらったのがきっかけですが、 ほんの十数ページの本でこんなに泣いたのは初めてです。

そのあと妹がこの本を気に入って自分のアパートに持って行ったので 今私はこの本は持っていないですが、本屋さんで読み返しては何度もうるうるしています。

内容は、チビウサギとデカウサギがお互いどっちが相手のことを好きでいるのか 競い合うという単純なストーリーなんですが…… 親子、夫婦、友人、恋人、誰かにあげたくなる本です。 たくさんある絵本の中でこの本に出会えたのはラッキーだと思っています。 (221)

仕事、私生活、今いっぱいスランプがあります。 でも絶対心は折れたくないです。 誰のせいにもしたくないし、もうやめる!とも絶対言いたくない。 しんどいときが人間一番成長できるってそのとおりだと思います。

今のスランプの一つが、前から言っていた、ワーホリ。 決してただの外国への憧れや魅力で行きたいと思っていたわけじゃないです。

でも、母親にこのことを話したら「甘くないよ」と。 私がそのことを話した時期が、スランプ中のスランプの時期でした。

私の夢の一つも応援してくれない母親に苛立ちがあって お風呂でも布団でもどこでも泣いてしまうくらいつらいって思いましたが、 最近「母は、ワーホリが逃げ道でもあるってことに気づいてたんだな」って思いました。 それに気づいた私は、ワーホリは逃げ道の一つとして考えていたことにも気づいて 自分が恥ずかしくなりました。

仕事をやめて住む場所も変えて今身にあるものだけをもって海外へ飛び立つ、 きっと成長や成功の元もそこで手に入れることは出来ます、英語力も人間力も養えます、 でも、なにかに嫌になったときのひとつの逃げ道の候補として 自分が気づかないうちに考えていた事実もありました。

いろんな経験したい、いろんなところに行って、広い広い世界で成長したい。 一言で言えないくらいの野望がある、この気持ちには変わりはありません。 でも、ワーホリは考え直します。 (215)

獅子座の私が2ヶ月前に戦友からもらった本です。 もらったその日の夜に読みきり、気分が上向きになりました。 言っておきたいのは、ガッツリ占い!といった類の本ではないです。 この星座に生まれ、自分の守護星から何を強みに生きていけばいいのか、 「当たってる」だけで終わらずに、じゃあそれをこう生かしてしていけ! と導いてくれる内容の本でした。

本当はいつものようにこの本の内容をかこうと思ったんですが、 今日はこの本をくれた戦友のことを書きます。

「戦友」といっても、職場も夢も違う大学時代の友人です。 専攻していた学部からして、まわりがある特定の職業の就職採用試験を受験する中、 私とその友人はその試験を受けずに一般企業への就職を志しました。 学部からエスカレーター式でなれる職業を選ばず 一からのスタートである企業への就職を志した時期や理由は違うけど、 周りが生ぬるく試験勉強に取り組んでいる中(すみません、そのように見えました) 何度も泣いて何度も励ましあって二人で一緒に就職活動を乗り越えて、 一緒に社会人の第一歩を踏み出しました。

その就職活動が私たちを仲良くさせたわけではありません。 その前から、人生を使っていつもチャレンジしていたい、輝く価値を手に入れたい、 つらいことから逃げたくない、素敵な自分になりたい、と語り合ってました。 具体的な夢は違えど、二人とも野望をもっています。 その気持ちで意気投合して、いつの間にか戦友になっていました。 大学のときもそうだったように、社会人になった今も 「私たち、絶対かっこよく生きようね」って目を見て話せる友人です。

実は最近、くっきりしていた自分の野望が、雲がかってしまっています。 また、落ち込むこともたくさんあって、自分がなさけなくて、 スランプなうっていう状況です^^;悪いことは重なるっていう状態にいます。 そんなときも戦友は叱ってくれたり励ましてくれたり。ありがとう。 ライバルでもあり、仲間でもあり、切磋琢磨できる存在です。 この友人に会えたことは自分の人生の幸せの中の一つだと思っています。

自分の野望だけじゃなくて、戦友の野望が叶うことも私の夢です。 (320)

母子家庭だったことが影響してるのかもしれませんが 私は性別でものごとを決めたくないと周りより強く思っている方です。 何事も自分が女性であることをまず置いておいて考えたいと思っています。

でも、自分が女性として生まれたのには何か理由がある、 女性ならではの運命がどこかで待ち受けていると 社会に出てから強く思うようになりました。

そんなときに読んだのがこの「女性を生きる」です。 「なぜ今あえて女子教育か」、「男尊女卑について」など いろいろな視点で「女性を生きること」を学びました。

東京女子大学の学長である湊さんは、 戦後、留学し、そこで出会った日本人男性と学生結婚。 ドイツでお子さんを出産なさったそうです。 湊さんが強く美しく女性としての自分を生き抜いた教訓が書かれています。

この本は以下の7つのテーマで書かれています。

・女性としての生き方 ・いきいきと生きるためのちょっとした工夫 ・ほんとうのひとり立ちをして生きがいを ・学生時代に見つけてほしいこと ・日本の女性教育 ・私のひとり立ちへの旅 ・国際人としての女性

その中で私が胸を打たれた3つの湊さんの言葉が以下。

①「自分だけの城を持て!」 女性は子どもを出産したら、少なくとも10数年は自由を奪われる。 良い悪いじゃなくて、これが今の世間の現状です。 キッチン、居間、玄関、お風呂、家中どこにいても家事と育児が待っている。 そんなとき、ほっとできる場所を持っておく。 立派な書斎とかそういう空間じゃなくて、 壁にかかった絵を眺められる畳1畳分のスぺ―スや 肘をついて楽な姿勢で本を読める椅子、 そんな一息つけるお城のような場所を作っておく。

②「休む時は休め!車でさえガソリン補給するときはエンジンを切るんだから」 なるほどなって思いました。その通りですよね。 オフのときは、オンの自分を取り巻く嫌なことなんか忘れて 思いっきりオフでいたい!! せっかく「今日は好きなことするぞー!」って思った日でも、 完全なオフではなくスタンバイの状態になってるときがあります。 それも大事ですがなんかもったいないですもんね。

③「ドイツで出産した際、汚れたままの赤ちゃんをドスンとおなかの上に置き、 お医者さんにこの重みを覚えておきなさい、と言われた。」 日本ではありえないんじゃないでしょうか? 出産後すぐに産湯に入れられて真新しいドレスに身をくるわれて これが日本で生まれた赤ちゃんです。 尊さや小ささ、そのありのままの姿を感じられる方が、 赤ちゃんが生まれた時の記憶はずっと忘れられないと思います。

キリシタンの湊さんらしく、少し聖書っぽい雰囲気も感じられました (172)

家にあった古本をあさっていたら 村上春樹さんのデビュー作「風の歌を聴け」を見つけて 久々に小説を読みました。 本と言えば自己啓発のものしか最近は興味がなかったですが 小説や物語もいいですね!

あらすじは、大学生の男の子の帰省中の出来事の話です。 話の舞台については最後の最後までほとんど語られることがなく、 「こういう場所での話だったのか」と 終盤で一気に頭の中のイメージが広がっていく感じがしました。 村上春樹さんと言えば今年のノーベル賞で期待されていましたね。 小説の中で下品な表現が多かった気がしたのですが?(゜-゜) ほかの村上さんの小説もこんな感じなのでしょうか? でも久々の小説、楽しませていただきました。

それから! 9月の初旬から進めていた英語の音読のワークが 昨日やっと終わりました!! ワークをきちんと終わらせたことって 勉強に対して不真面目だった学生時代には一回もなかったので すごい達成感です(*^_^*) 文法的なこと、文を読む速さを鍛えられたので ちょっとは英語脳に近づいてきた気がします。 でもアウトプットしたくてしょうがない(>_<) 名古屋の英会話カフェに行ってみようかと思っている今日この頃です。 (254)

スポンサード リンク